Fusec熱可塑性接着シート TOHKAI THERMO Co.,LTD
Fusecは、天然繊維・合成繊維をはじめ、金属・ウレタンフォーム・木材・
レザー・人工皮革等の接着にも優れた力を発揮します。
HOME お問い合せ 会社概要
ホットメルト接着工法

環境に優しい、リサイクルが容易 従来の工法〈フレームラミネーション〉から新工法〈ホットメルト〉への移行を提案。
熱可塑性接着剤で、適正な温度(GL温度)、圧力、時間を加えることにより、接着が完了します。被接着剤の間に「Fusec」を挿入し加熱プレス機で作業します。冷却により固化しますので、ドライヤー等の乾燥時間も不要です。


従来工法(フレームラミネーション)と新工法(ホットメルト)の違い。

従来工法 フレームラミネーション
ポリウレタンの表面を炎であぶり、溶けたポリウレタンを接着剤として表皮材を接着する方法。
  新工法 ホットメルト
熱可塑性樹脂を基材表面にコーティングしたり、フィルム状、ウェブ状にして挟み込み、表皮材を熱圧着する方法。

フレームラミネーション

有毒ガスが発生
VOCの発生・残留が多い
ポリウレタンはリサイクルが困難

ホットメルト

有毒ガスが発生しない
VOC(揮発性有機化合物)の発生・残留が少ない
Fusecはウェブ状のため通気性・吸音性を保つ
可燃物として廃棄が可能

フレームラミネーション 工程
 
ホットメルト 工法


様々な用途例
自動車内装材 乗り物のシート 建材 フィルター ボード 断熱材
アパレル用テープ(ジーンズ シャツ ジャケット 肩パッド)
カバン ランジェリー スポーツウェア など


ボンディング・ラミネート承ります。詳しくはコチラ


ページ上部へ